gakken

学研まんが NEW 日本の歴史 全12巻 別巻2巻

各巻の名シーンがここから見られる!

1、国の成り立ち旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代

狩りや採集による縄文時代の平和なくらしから、弥生時代に米作りが広まると争いが起こるようになった。ここでクニをまとめるため女王卑弥呼が現る!

2、飛鳥の朝廷から平城京へ飛鳥時代・奈良時代

厩戸皇子(聖徳太子)は冠位十二階や十七条の憲法を制定し新しい政治を行った。 さらに、外交にも力を入れ隋(中国)に使者・小野妹子を送る!

3、平安京と貴族のくらし平安時代

平安時代には、日本風の文化が生まれ、かな文字が使われるようになった。 紫式部によって国文学の傑作「源氏物語」がえがかれ、当時の人びとを夢中にさせた。

4、武士の世の中へ平安時代末・鎌倉時代

鎌倉時代、元が2度にわたり日本をせめてきた。 執権・北条時宗は国を守るため武士を指揮して戦い、元軍を退ける!

5、室町幕府と立ち上がる民衆南北朝時代・室町時代

わずか11歳で室町幕府3代将軍になった足利義満は、権力をめぐる争いを経て、太政大臣までのぼりつめる。
絶大な力を持った義満は、晩年に光りかがやく金閣を建てた。

6、戦国時代から天下統一へ戦国時代・安土桃山時代

織田信長は長篠の戦いで鉄砲を使って戦い、武田勝頼の軍を破った。これで天下統一は目前に!

7、江戸幕府の確立江戸時代前期

徳川家康ひきいる東軍と石田三成ひきいる西軍に分かれて戦った関ヶ原の戦い。
周到な家康の作戦により、天下分け目の戦いの決着がつく!

8、ゆれる江戸幕府江戸時代後期

江戸時代後期には、歌舞伎や浮世絵など町人文化がさかえた。
「東海道五十三次」をかいた歌川広重や、「富嶽三十六景」をえがいた葛飾北斎が活躍した。

9、開国と明治維新江戸時代末・明治時代前期

坂本龍馬が薩摩藩と長州藩の仲を見事に取り持って薩長同盟が結ばれた。これにより倒幕への動きが一気に加速!

10、近代国家への歩み明治時代後期


明治維新により新たな政府がスタート! 自由民権運動が高まり、憲法の制定が求められた。 初代内閣総理大臣となった伊藤博文は大日本帝国憲法制定に力を尽くした。

11、大正デモクラシーと戦争への道大正時代・昭和時代前期

1941年に太平洋戦争がはじまった。 1945年、広島と長崎に原爆が投下され、日本はポツダム宣言を受諾。多くの人がぎせいとなった戦争が終わった。

12、新しい日本と国際化する社会昭和時代後期・平成時代

GHQ最高司令官マッカーサーのもと戦後の改革が進められた。 平和条約を結び、独立を回復した日本はめざましい成長をとげ、東京オリンピックで復興を世界にアピールした。

先頭に戻る